ビジネスとして水泳参加人口増をテキトーに考える。 「煩わしさNo.1」

健康増進・維持としての運動「水泳・スイミング」をやらない理由は
手間がかかるという理由が多いそうで。

全ての衣服を脱ぎ、水着に着替え
プールへ行き、シャワーを浴び
泳ぐ
またシャワーを浴び、身体を拭き
髪を乾かし、再びあらゆる衣服を身に着ける。

もしかすると、この行程はどの運動よりも手間が多いのかもしれない。

今後、それらの手間を全て省けるイノベーションが起こるのかな。

普段着としてなんら違和感ない水陸両用衣服。
プールで泳いでも、上がった瞬間に体から離れる(乾く)水。
どんなにバイ菌をもっていてもプールに入ったら無害で消毒される水・プール。

手軽さNo.1の「ウォーキング・軽い体操」に勝つには
これだね。



煩わしい行程の中に
本当に大切で大事なコトがあるのだと思っちょるけどもね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

YY

Author:YY
新潟から世界で戦う身体と思考をサポートしています。


〇スポーツ競技コーチ
〇フィジカルトレーナー
〇鍼灸師(医療国家資格)
〇登録販売者(医療国家資格)

担当経歴
・リオオリンピック代表選手
・プロゴルファー
・競輪選手
・プロサッカー選手
・競泳日本代表選手
・オープンウォーター日本代表選手
・プロ格闘家

YYへメール

名前・居所の明記が無い文章には返信しません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブログランキング

お勧めアイテム