身体のプログラムメモ

・痛み(痛い)のダウンロード

→転んだ、ひねった、ぶつけた、動き過ぎ、動かな過ぎ、などなど。


・治癒(痛くない)のダウンロード

→手あて、各種手技、鍼灸、温度刺激、薬、知識、経年、などなど。



私の場合は、パソコン関連での理解がしやすい。師匠からの伝授のおかげで。


クライアントさんとの会話の中で、「説明の仕方」を改めて考えるきっかけになった。
相手に届きやすいワードと届きにくいワードがある。当然だけど、とっかかりが肝心。何を今さら、という感じだが…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

YY

Author:YY
新潟から世界で戦う身体と思考をサポートしています。


〇スポーツ競技コーチ
〇フィジカルトレーナー
〇鍼灸師(医療国家資格)
〇登録販売者(医療国家資格)

担当経歴
・リオオリンピック代表選手
・プロゴルファー
・競輪選手
・プロサッカー選手
・競泳日本代表選手
・オープンウォーター日本代表選手
・プロ格闘家

YYへメール

名前・居所の明記が無い文章には返信しません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブログランキング

お勧めアイテム