社会的地位

お仕事について考えてみよーう。
というか私がテレビドラマを見ていて考えさせられた。


一般的に地位の高いとされている職業は

・経営者、社長(上場企業や大企業の)
・弁護士、裁判官
・医師
・総理大臣、県知事、市長などの政治家
・大学教授
など
こんな感じだろうか。


では、低いとされている職業は

・介護職
・肉体重労働職
・飲食関係
・販売営業
など


このように見てみると
なりやすさ・なりにくさ(求人の数)
専門知識の多さ・深さ
給与の低さ
これらが関係しているようだ。

では
専門知識が必要なのに
社会的地位が低いとされている職業などは
なぜそのような評価となっているのだろうか。

それは
専門知識が「無くとも」その職業に就くことが容易なことだと思われる。

必要なのに無くても大丈夫というのも可笑しなもんだが。
職業人としての
教育や養成が整備されていないことによるところが大いにあるかと。例えば資格制度だとか。


やりたいコト・達成したいコト
仕事は人生の大部分の時間を費やすことになるだろうから
夢もちたいよね。


無くたって、キチンと生きて、キチンと死んでいけると思うけども。
下町ロケット見て熱くなったよ。

関連記事
スポンサーサイト

かまってちゃんから学ぶこと。

承認欲求という言葉をよく見かける。

簡単に言うと、大事にされる。といったところかな。

大事にされないことも
とてもダイジだと思う。 ややこしくなってきた。


なんでもそうだが、経験から学ぶことは多い。

承認欲求が満たされないことに慣れてしまえば
我が道を行ける。

イイね。とか、お気に入りとか、何らかの優しい反応を追いかけ続ける限りは、それに縛られていくのだろう。
ソーシャルアプリの話ね。



無限の彼方へさあゆくぞ。
バズライトイヤーね。
関連記事

興味の方向。

学生のクライアントさんとの ふとした会話のなかで
利子利息の話が出た。なんでやねん。

預金した額にどこから上乗せがやってくるのか…。そんなコトに興味を持ったのは、自身で事業をやるようになって、社会に やっつけられてからだな。







事業主だろうが従業員だろうが
資本が無ければ構造は同じものだ。

そういった関係性を知っているか否かで
労働に関してだけでなく
広く モノゴトの捉え方 考え方が変わってくるのかと。
私の場合は冷静になれた。
いや、正確には
余計な雑念が削がれてやることが明確になる。


なんにしたって、興味を持って邁進している姿は何だか心打たれる。
関連記事

プロフィール

YY

Author:YY
新潟から世界で戦う身体と思考をサポートしています。


〇スポーツ競技コーチ
〇フィジカルトレーナー
〇鍼灸師(医療国家資格)
〇登録販売者(医療国家資格)

担当経歴
・リオオリンピック代表選手
・プロゴルファー
・競輪選手
・プロサッカー選手
・競泳日本代表選手
・オープンウォーター日本代表選手
・プロ格闘家

YYへメール

名前・居所の明記が無い文章には返信しません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブログランキング

お勧めアイテム