本気になる訓練

何事も中途半端
一所懸命になりきれない

そんな風に自分のコトを評価している人は案外多い。
他人を見てそう思う人も多い。

本気になる・一所懸命になる
ということは良いことだ。というのは言い切ってしまおう。

では、本気になれないパターンを考えてみる↓


・自分のやりたいことではない。

コレだとしょーがない。いや、そんなことは無いのだが
他にやりたいことがあるなら
そちらに時間と情熱をかけてもイイのでは。
自己の行動を選ぶのは自己であってほしい。


・自尊心・自己保身が何よりも上回っている。

これが大きな原因なのであれば
訓練するしかない。
本気になって取り組むコト。


しかし、本気ってのは
自ら出すモノではなく、後から分かるモノだったり
周囲から見て言われるコトだったりする。




本気になっている人たちよりも
たいして本気に見えない人が
結果的に上回っちゃう。
な~んてことも世の中あるだろうけれどもね。

だからこそ
他者との比較ではなく
過去の自分との比較で
成長・向上することを目指すのが
精神衛生的に良いのだよ。


昨日、
選手たちにも、プロの連中にも話したコト

①自分
②他(人・モノ・環境)


順番が違っても、狂っちゃうし
①だけでも成長ないし

まずは
目の前のコトに一所懸命になってみよう。
そのために準備してみよう。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

YY

Author:YY
新潟から世界で戦う身体と思考をサポートしています。


〇スポーツ競技コーチ
〇フィジカルトレーナー
〇鍼灸師(医療国家資格)
〇登録販売者(医療国家資格)

担当経歴
・リオオリンピック代表選手
・プロゴルファー
・競輪選手
・プロサッカー選手
・競泳日本代表選手
・オープンウォーター日本代表選手
・プロ格闘家

YYへメール

名前・居所の明記が無い文章には返信しません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブログランキング

お勧めアイテム