hari-sports YY ~反骨の鍼灸師~

アスリートコーチング ブログ from新潟

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本気になる訓練

何事も中途半端
一所懸命になりきれない

そんな風に自分のコトを評価している人は案外多い。
他人を見てそう思う人も多い。

本気になる・一所懸命になる
ということは良いことだ。というのは言い切ってしまおう。

では、本気になれないパターンを考えてみる↓


・自分のやりたいことではない。

コレだとしょーがない。いや、そんなことは無いのだが
他にやりたいことがあるなら
そちらに時間と情熱をかけてもイイのでは。
自己の行動を選ぶのは自己であってほしい。


・自尊心・自己保身が何よりも上回っている。

これが大きな原因なのであれば
訓練するしかない。
本気になって取り組むコト。


しかし、本気ってのは
自ら出すモノではなく、後から分かるモノだったり
周囲から見て言われるコトだったりする。




本気になっている人たちよりも
たいして本気に見えない人が
結果的に上回っちゃう。
な~んてことも世の中あるだろうけれどもね。

だからこそ
他者との比較ではなく
過去の自分との比較で
成長・向上することを目指すのが
精神衛生的に良いのだよ。


昨日、
選手たちにも、プロの連中にも話したコト

①自分
②他(人・モノ・環境)


順番が違っても、狂っちゃうし
①だけでも成長ないし

まずは
目の前のコトに一所懸命になってみよう。
そのために準備してみよう。
関連記事
スポンサーサイト

| コーチ | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。