hari-sports YY ~反骨の鍼灸師~

アスリートコーチング ブログ from新潟

≫ EDIT

サポートしてもらえること。

先日、競泳の日本選手権が名古屋で開催された。
当チームからも3名出場し、名古屋ガイシアリーナで戦ってきました。
大坂選手(ダッシュ新潟)は、中央団体が指定する五輪強化基準インターDというタイムを突破。
これにより新潟県や自治体などからサポートをしていただける機会が増す。
選手はここで一度、考えなくてはならないことが2つある。
①なぜサポートしてもらえるのか。(何を期待されているのか)
②期待された項目以上に自分が出来ることは何か。
この2点を考え、実践していこう。スポーツ選手が公共団体からサポートを受けるとはそういうことであろう。さらに選手個人がこういったことを考え実践していくことで行動が強化されていくのである。
これはそのまま、サポートしてくれるのが民間企業や個人であっても応用できる。
筋を通していきましょう。


~余談~
競泳の日本選手権に行くのは今回で6回目でした。
2012年~2015年の4回はトレーナーとして
2016年~はコーチ兼トレーナーとして。
他チームに帯同しているトレーナーを見ていると
「チームづくり」という観点が非常におもしろく見える。
チームのトップ(権力者)がどのような組織を作っているのかによって
トレーナーという立場の人間の行動が微妙に異なる。
適材適所、棲み分け、役割など色んな言葉があるが
会社組織にも通じるものがあるな~と思わさせられた。
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知識を武装すると批判をしたくなっちゃうよね。

ネットサーフィンしていると同業者同士での批判をたびたび目にする。
私もその中の一人だと思うが…。

例えば、
スポーツ競技者を対象としているフィジカル(ストレングス)トレーナーたちは
・体幹トレーニングなど不要だ。
・バランストレーニングなんか役に立たない。
・浅はかな知識でバカなこと広めるな。
では、その人たちの主張は何かと言うと。
・ウエイトトレーニングをやりなさい。

批判の本質は、その対象をより良くするために行われるものであるが、
自分の優位性を高めるために同業者を罵るケースも多い。罵ったりバカにしたい気持ちも分かる。その時は気分が良いかもしれないが、何も良い方向には行かないのは自明。私もたくさん経験した…。

最近は、こういったモノを目にするたびに「三方良し」の精神で活動していきたいなぁ〜。と思ったりもする。実際、三方良しとなることなんて滅多に無いのかもしれないが。そういう心持ちでね。
本当にダメなヤツには、それなりに対応していかなくてはならないが。

何より、しっかりと目的を定めてそれに向かって「共に」実践していきたいものである。共にガンバりましょう。
関連記事

| トレーナー | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツトレーナーの価値

職業「スポーツトレーナー」という役割の人たちは、その活動を通してお金を貰っている。
つまり、お金を払う人(雇い主)がいるわけだ。
そのお金を払う人(雇い主)たちは、コーチや監督にもお金を払っている。指導者よりもトレーナーを優先して雇う組織は今のところまず見られない。
となると、それなりに潤沢な資金がある組織がトレーナーという役割の人を雇う。
ということは、職業スポーツトレーナーは、競技レベルの高い人たちを相手にしているのである。

最近、トレーナーを目指す学生の人たちに聞かれたりすると言うことは
まずは指導者になりなさい。上記のように、スポーツトレーナーを目指して、その職に就くことが出来る人は数少ない。
だからスポーツ指導者なのだ。
そうしたら根性論指導者たちから選手を守ることもでき、トレーナー活動は大いに可能。
選手の故障やケガを防ぐことも、パフォーマンス向上させることにも関われる。
集団を相手にすることで、トレーナー特有の「幻想」を抱くことも減り、とても現実的な考えを持つことが出来る。
良いことだらけ。
トレーナーの勉強をしている人ほど、スポーツ指導者を目指すのだ。君たちの知識と実践を選手たちは待っているよ。


〜余談〜
スポーツトレーナーがメディアなどの記事になるのは、世界で活躍した選手についている人。
多くのスポーツ指導者&トレーナーが聞きたいのは
もともと上位の選手が、さらなるトップ選手へと昇りつめたプロセス
ではなく、
どこにでもいる(多くのスポーツ指導者たちが普段接している)子たちが徐々に成績を上げていき活躍し、そのスポーツをもっと大好きになっていくプロセスこそ聞きたいのではないかと。
トップ選手が取り組んでいることを知るのは大事だが
ジュニア選手が将来を見据える場合、「今」取り組むべきことをひとつずつやっていきたいものである。
関連記事

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT